早期割引だけが一番安い格安航空券ではない

格安航空券を手に入れるとき、国内旅行や出張が決まれば早めが一番いいと思っている人は多いでしょう。確かに決まれば早めというのは早割が国内各航空会社では用意しているからです。しかし早め=格安航空券とは限らないのです。

一番安いのはいつなのか

LCCも沢山ルートを増やしていますので、あちこち就航しています。今までの航空券の値段が崩壊しつつある現代ですが、その中で一番安く飛行機に乗りたいと思ったらいつ乗ればいいのか正直わからない人も多いでしょう。もし一番安い日を知りたいと思っているのなら、スカイスキャナーを利用するといいでしょう。プライスアラートと呼ばれる機能があります。この機能を利用していれば行きたいと思っている目的の場所の航空券の値段が安くなればメールが届くシステムです。

航空会社はいつでも安くできる

航空会社は実は早割だけが安くできるというわけではありません。早割以外の時期でも安くすることは可能なのです。ですから出発直前、これでは赤字運航だと思ったらすぐにでも値下げすることができるというわけなのです。もちろん航空会社や目的地によっても違いがあるのですが、セールになっていないチケットで安いチケットを手に入れたいと思っている人は、これから紹介する時期にチケットをチェックするといいでしょう。

出発する前のいつチェックすればいいのか

桜が綺麗な写真

ベストタイミングとして言われているのは搭乗前の2週間から3か月前といわれています。それだけでなくセールになるチケットは数週間前から数か月前に発売されているという事も理解しておくといいでしょう。早割に乗り遅れた、セールももうすでに発売されていて完売されているというような状況では、安いチケットはもう取れないと思っている人も多いですが、まだあきらめなくてもいいのです。出発する前の2週間から3か月というタイミングであればあきらめなくても安いチケットは手に入る可能性はあります。

予約開始日がやはり一番

国内の航空会社の場合、早割、特割が用意されているので、それを用意している航空会社の場合には、直接航空券をその予約開始日に抑えるのが一番安いと言えるでしょう。しかし売り出されたタイミングで予定が決まっているとも限りません。出張や旅行が突然決まることもあるでしょう。そのような場合は旅行代理店で販売されているチケットをチェックしたほうが安い場合もあるので、そちらも併せてチェックしておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP